西日本アチューマットクリーン

Clean & Recycle

再資源化への取り組み

お気軽にご質問・ご要望等をお寄せ下さい

流動化処理工法が加わった建設発生土・泥土の再資源化のご紹介



■LSS工法(流動化処理工法)について

 地中構造物及び各種ライフライン等の埋戻し・裏込め箇所の施工に、従来の山砂(砂質土)にかわり、締固め不要な「土のコンクリート」とも言える最新の工法です。用途的にも、技術的にも、経済的にも、より広範な要求に対応できる新しいシステムです。

■LSS工法(流動化処理工法)の特徴

 ●建設発生土・泥土の合理的再利用が図れます。  
 ●汚染された有害な汚染土壌を除き、すべての土を利用できます。
 ●使用目的に応じて多用な処理土が提供できます。
 ●地震時の液状化や地下浸透水の浸食を防止する効果があります。
 ●建設物の補強、並びに埋戻し施工の合理化が図れます。
 ●製造された処理土の品質の均質性が保証できます。

■LSS工法の合理的再利用システム

 転圧機械による締固めが難しい狭隘箇所への埋戻し、裏込めや水中盛土工など、従来の締固め施工が適用しにくい現場では、粘性土・泥土からつくった調整泥土、あるいはそれと建設発生土との混合によって、用意された流動化処理土を用いた締固め不要な施工方法です。

©流動化処理工法研究機構

ページTOPに戻ります

■LSS工法の製造の実施例

←写真1
  当社の中間処理施設に運び込まれた建設汚泥…
  水分は脱水処理し、脱水後の成分を分離・分類して
  再利用化への準備をしています。



当社の中間処理施設によって、脱水処理された建設汚泥です。ドロドロだった汚泥も、見事、きれいに変身!

←写真2 サラサラ再生砂
   写真3 30mm未満の砂利→
















←写真4
  さらに、流動化工法に利用するため、小さなゴミ・れき
  を除去。もちろん、厳しい土質検査に合格しているこ
  とは言うまでもありません。





                                    写真5→
          原土とセメントミルクで混合された流動化処理土の
          バキューム車による運搬の様子です。



←写真6
  建設現場における流動化処理工法による
  打設中の様子です。








                                   写真7→
            流動化処理工法による打設が完了しました。


ページTOPに戻ります

●ご用命・お問い合わせは西日本アチューマットクリーン営業部まで

■本     社 〒703-8245 岡山市藤原50−1 TEL(086)272-8042
FAX(086)271-1050
■倉敷営業所 〒712-8044 倉敷市東塚5−17−58 TEL・FAX(086)456-4433
■E-mail Address   nac@e-nac.co.jp
所在地MAP
流動化処理工法研究機構のHPです

当社は、当機構の正会員です

岡山県エコ製品ご紹介ページです

当社でリサイクルされた産業廃棄物の多くは、岡山県エコ製品の認定を受けています。
 ・再生砂
 ・再生砕石
 ・再生処理土
 ・流動化処理土

国土交通省中国地方整備局のHPです

国土交通省中国地方整備局

当社で製造された流動化処理土は、国土交通省をはじめとする多くの建設現場で活用されています

Copy Right 西日本アチューマットクリーンCo.,Ltd. Since 2006